運動も部活を引退後、痩せるには

食べる量を減らし栄養は摂る。

言うは易く行うは難しです。

スポンサーリンク

運動も部活を引退後、痩せるには

読者様からの質問です。

Q、本当に痩せたいです。

よく食べて(1日4食)
運動も部活を引退し、
やっていません。

今は外で走れません(喘息のため)。

なのでどんなことをやればいいのか
など詳しく教えてほしいです。

A、よくあることです。

部活など、だまっていても、
運動することが当たり前だったこと。

引退後、食欲はそのままで、
運動をしなくなる。

当然、太ります。

摂取カロリー>消費カロリーですから、
太ります。

厳密に言えばカロリーでは
ありませんが食べる量が多いと
いうことです。

改善するには、
満腹中枢を正しく機能させる
必要があります。

いくらでも食べれる!

という状態を見直すのが、
重要です。

まず、
ここが出来ないのですが(笑)

下記の約束を読んでください。

ヒントが沢山あります。

できることを少しづつ増やしてください。

原因は食べ過ぎなのですから、
そこを無理なく改善できれば
痩せます。

ダイエット攻略倶楽部では本気で痩せる方を
応援いたします。

本気で痩せる為の約束を記載しましたので、
出来ることを少しづつ行ってみてください。

スポンサーリンク
★【本気で痩せると決断してください。約束】

・絶食は絶対にしない。
・あいまいな我慢はしない。←これ多いです。
※あいまいな我慢は結局食べてしまいます。
・食べるときは好きなものを食べる。
・ダイエットスープをお腹一杯食べる。
・お菓子の買い置きを少しづつ少なくしていく。
・お菓子を食べるなら食事の30分ほど前にする。
・本当の食欲か?ストレスからの食欲か?を理解する。
・ストレスを食べる事で発散しない。
・我慢は長続きしないから、適度に褒美を与える。
・手間暇かけて満足感のある食事を心掛ける。
※話題のお店に旅行気分で行くとか。
・おかわりしたい時は5分待つ。
・大皿盛りをやめ、目の前に1人前しか置かない。
・料理を沢山作らない、作ってしまったら
 食卓に出す前に今日食べる分だけ置く。
・食べたらすぐに片付ける。
・食事が終わったら直ぐ歯を磨く。
・お風呂は長めに半身浴をする。
・ご飯が好きなら玄米ご飯を食べる。
・簡単で継続できる運動を取り入れる。

↑できる事を取り入れてください。

スポンサーリンク

最初は意識して行うでしょうが、
慣れてくると無意識でできるようになります。

無意識でできるということは生活習慣になったと
いうことです。

諦めずにファイト!

本気で痩せるためのダイエットを行ってください。

世の中で広く奨められているダイエット法では、
基礎代謝を上げる方法と摂取カロリーを
下げる方法がほとんどです。

TVなどで特集を組まれる時もどちらかの方法に
偏っています。

身のまわりにいますか?その方法でダイエットに
成功した人が?

体脂肪を減らし、体脂肪を燃焼させるには、
プラスもうひとつのスパイスが必要です。

マスコミに振り回されるな。

TVで、ダイエットには、
あれがよい、これがよいと言っていますが、
あなたの身のまわりでいますか?
そのダイエットでやせた人が?いませんよね。

いたとしてもリバウンドしていませんか?

ダイエットだけでなく、どんな分野でも知識だけ
すごい人っていますよね?

野球のTV解説者などは野球に詳しい人ですよね。

でも、野球をプレーするとしたら上手ですか?
同じ道具、グローブ・バットを使っても
現役プロ選手と同じく野球ができますか?

できなくて当たり前ですよね。

解説することが仕事ですから。

では、
あなたのダイエットではどうですか?

同じことが起こっていませんか?

本気で痩せる為には道具を上手に使いましょう。

納豆がよいと聞けば、朝晩納豆を食べたり、
チョコがよい、赤ワインがよいといえば・・・
COQ10、α-リポ酸、カルニチンも飲んでいるし、
もろみ酢、サジー、ヨーグルト、
高野豆腐も寒天も・・・・・
あ~ぁイヤになるくらい取り組んだのに!

次はチベット原産の飲めばやせる○○○。

5,000円だから買っちゃうか。。。

残念ですが

道具(ダイエット商品)を購入しても痩せません。

知識を増やしてダイエット解説者になっても
痩せません。

本気で痩せるには、
プレーヤーにならなければ痩せません。

本気で痩せるために大事なこと。

一番大切なのは道具よりも、
正しいダイエットを行うことです。

解説者ではなく、
プレーをすることです。

ここまで読んでくれてありがとうございます。

●本気で痩せる方の為に、いろいろなダイエットに
 感想を述べております。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする