運動したいのですけどカラダが重くって膝が痛い!

う~ん、負のスパイラルですね。

スポンサーリンク

運動したいのですけどカラダが重くって膝が痛いのですが、どうすればよいですか?

体脂肪を減らすダイエットを行いましょう。

ダイエット攻略倶楽部をご覧頂きありがとうございます。

『ダイエット指導でよく受けた質問』

Q17運動したいのですけどカラダが
重くって膝が痛いのですが、
どうすればよいですか?

運動したくてもカラダが重くって
運動できないって悩みを抱えて
いる人も多いです。

運動を始めるのだけれど、
カラダの重さで膝が痛くなっちゃう。

手軽にできるウォーキングなどでも、
ひざ関節や足首などに問題のある人は
できません。

太っていくと痩せる行為が
どんどん出来なくなってしまいます。

そして楽なダイエットへの道へ。。。

楽なダイエットに手を出す前に、
ご近所にプールなどの施設がある場合、
おすすめなのが水中でのエクササイズです。

おすすめする理由としては、
「お助けマン」の水の特性を
利用するのです。

まず、浮力のおかげで体重を感じない。

肩まで水に入ると約10分の1の
重さしか感じなくなります。

ひざ関節や足首などに問題の
ある人には最高ですね。

もうひとつは、空気より重たい水に
入るだけで、カラダはいつもと
違う圧力を受けることになり、
筋肉や血管が圧迫されることにより
カラダは血液循環をよくしようと
がんばりはじめます。

そして心肺機能がアップし、少しの
動きでも、たくさんのトレーニング
効果が期待できます。

一番効果が得られることは、
太っている時は「鏡に写る自分」
を見るのも遠慮がちになり、
服装もどちらかというと、
ゆったりした服装になりがちです。

水着を着用することで現状の
ボディラインを確認でき、
やせはじめてスリムに
なっていく過程は、
とっても嬉しいものです。

「やせて嬉しい!」という
心理的効果は、我慢に我慢をして
カラダを壊しながらやせていく、
間違いダイエットでは
あじわえないことです。

こんなに我慢してるのだから、
やせて当たり前!

この我慢がいつまで続くのだろう??

我慢をやめて、太りだすのが怖い!
から我慢をやめられない。

このような心理ではダイエットは
長続きしません、
さらに太るこわ~いリバウンドが
まっています。

身近にプールがある方、
またはスポーツクラブなどに
入会しているにもかかわらず、
水中でのエクササイズに
参加したことのない方、
この機会に是非参加して
みてくださいね。

水中ウォーキングでパートナーと
楽しく話しながら行うことも最高ですね。

痩せてくると運動が楽しく
なりますよ。

ダイエット攻略倶楽部では本気で痩せる方を
応援いたします。

本気で痩せる為の約束を記載しましたので、
出来ることを少しづつ行ってみてください。

スポンサーリンク
★【本気で痩せると決断してください。約束】

・絶食は絶対にしない。
・あいまいな我慢はしない。←これ多いです。
※あいまいな我慢は結局食べてしまいます。
・食べるときは好きなものを食べる。
・ダイエットスープをお腹一杯食べる。
・お菓子の買い置きを少しづつ少なくしていく。
・お菓子を食べるなら食事の30分ほど前にする。
・本当の食欲か?ストレスからの食欲か?を理解する。
・ストレスを食べる事で発散しない。
・我慢は長続きしないから、適度に褒美を与える。
・手間暇かけて満足感のある食事を心掛ける。
※話題のお店に旅行気分で行くとか。
・おかわりしたい時は5分待つ。
・大皿盛りをやめ、目の前に1人前しか置かない。
・料理を沢山作らない、作ってしまったら
 食卓に出す前に今日食べる分だけ置く。
・食べたらすぐに片付ける。
・食事が終わったら直ぐ歯を磨く。
・お風呂は長めに半身浴をする。
・ご飯が好きなら玄米ご飯を食べる。
・簡単で継続できる運動を取り入れる。

↑できる事を取り入れてください。

スポンサーリンク

最初は意識して行うでしょうが、
慣れてくると無意識でできるようになります。

無意識でできるということは生活習慣になったと
いうことです。

諦めずにファイト!

本気で痩せるためのダイエットを行ってください。

世の中で広く奨められているダイエット法では、
基礎代謝を上げる方法と摂取カロリーを
下げる方法がほとんどです。

TVなどで特集を組まれる時もどちらかの方法に
偏っています。

身のまわりにいますか?その方法でダイエットに
成功した人が?

体脂肪を減らし、体脂肪を燃焼させるには、
プラスもうひとつのスパイスが必要です。

マスコミに振り回されるな。

TVで、ダイエットには、
あれがよい、これがよいと言っていますが、
あなたの身のまわりでいますか?
そのダイエットでやせた人が?いませんよね。

いたとしてもリバウンドしていませんか?

ダイエットだけでなく、どんな分野でも知識だけ
すごい人っていますよね?

野球のTV解説者などは野球に詳しい人ですよね。

でも、野球をプレーするとしたら上手ですか?
同じ道具、グローブ・バットを使っても
現役プロ選手と同じく野球ができますか?

できなくて当たり前ですよね。

解説することが仕事ですから。

では、
あなたのダイエットではどうですか?

同じことが起こっていませんか?

本気で痩せる為には道具を上手に使いましょう。

納豆がよいと聞けば、朝晩納豆を食べたり、
チョコがよい、赤ワインがよいといえば・・・
COQ10、α-リポ酸、カルニチンも飲んでいるし、
もろみ酢、サジー、ヨーグルト、
高野豆腐も寒天も・・・・・
あ~ぁイヤになるくらい取り組んだのに!

次はチベット原産の飲めばやせる○○○。

5,000円だから買っちゃうか。。。

残念ですが

道具(ダイエット商品)を購入しても痩せません。

知識を増やしてダイエット解説者になっても
痩せません。

本気で痩せるには、
プレーヤーにならなければ痩せません。

本気で痩せるために大事なこと。

一番大切なのは道具よりも、
正しいダイエットを行うことです。

解説者ではなく、
プレーをすることです。

ここまで読んでくれてありがとうございます。

●本気で痩せる方の為に、いろいろなダイエットに
 感想を述べております。

スポンサーリンク